FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tactilesounds.blog.fc2.com/tb.php/36-9cbdee82

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

tactile sounds vol. 10:フォトレポート

「tactile sounds vol. 10」にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。3年目に突入した今回から開催時間を夜に移行し、より幅広いネットワークから参加ミュージシャンを検討することにしました。手前味噌ながら、その試みはtactile soundsに新たな局面をもたらしたと感じています。レパートリーをメンバーの楽曲に限定しなかったことから、いつになくジャズ・オリエンテッドな面が強く出たり、橋爪がエネルギッシュに吹き捲るシーンがあったりする一方、菊地雅晃が挿入するシンセサイザーのサウンドが新鮮だったり。途中のMCもかなり打ち解けた雰囲気になりました。

当日のレポートは追って「com-post.jp」の「tactile sounds」コーナーに掲載する予定です。一先ず、当日の様子を写真でご覧ください。(益子博之)


2013年 2月 9日(土)19:30 綜合藝術茶房 喫茶茶会記

橋爪亮督 - tenor saxophone
菊地雅晃 - double bass, electronics, effects
服部正嗣 - drums


1st set:
1. hashdese haasag chasaa(菊地雅晃)
2. Bernie's Tune(Bernie Miller)
3. Frame(橋爪亮督)
4. coincidence variation(菊地雅晃)
5. Djangology(Django Reinhardt/Stéphane Grappelli)

tactile sounds vol. 10 tactile sounds vol. 10

tactile sounds vol. 10 tactile sounds vol. 10

tactile sounds vol. 10 tactile sounds vol. 10


2nd set:
1. Melody/Line(菊地雅晃)
2. Uma Nuvem Noturna(橋爪亮督)
3. Off the Top(Jimmy Smith)
4. 春(菊地雅晃)

encore:
November(橋爪亮督)

tactile sounds vol. 10 tactile sounds vol. 10

tactile sounds vol. 10 tactile sounds vol. 10

tactile sounds vol. 10 tactile sounds vol. 10
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tactilesounds.blog.fc2.com/tb.php/36-9cbdee82

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tactile sounds

Author:tactile sounds
橋爪亮督
(はしづめ・りょうすけ)
サックス奏者/作曲家。1970年生まれ。バークリー音楽大学ジャズ作曲科卒業後、1997年帰国。以後、新宿ピットインを中心に自己のグループや各種セッションで幅広く活動中。
サイト:
ryohashizume.com

益子博之
(ますこ・ひろゆき)
音楽批評。1965年生まれ。音楽サイト『com-post.jp』同人。ニューヨークのダウンタウン~ブルックリンの現代ジャズを中心に、周辺ジャンルへと関心を広げる。JAZZ TOKYOコントリビューターの多田雅範と新譜ジャズCD試聴会「四谷音盤茶会」を主催。
ブログ:うたかたの日々
サイト:com-post

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。