FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tactilesounds.blog.fc2.com/tb.php/33-277ef8b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

tactile sounds vol. 09:フォトレポート

「tactile sounds vol. 09」にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。vol. 07に続いてデュオ演奏、しかも基本的にコードを提示できないベースとサックスの二人ということで、橋爪の当初のテーマはスカスカな空間の中で、実際には鳴っていない音を自由に想像しながら聴いてもらうというものでしたが、いかがだったでしょうか? 僕の聴いた限りでは、「スカスカ」な印象は全くありませんでした。寧ろ大きな空間を活かして二人が存分に即興を展開できた気がします。

当日のレポートは追って「com-post.jp」の「tactile sounds」コーナーに掲載する予定です。一先ず、当日の様子を写真でご紹介します。(益子博之)


2012年 11月 10日(土) 15:00 綜合藝術茶房 喫茶茶会記

橋爪亮督 - tenor saxophone
萬 恭隆 – double bass


1st set:
1. Two(橋爪亮督)
2. Duet(橋爪亮督)
3. Sketch #1(橋爪亮督)
4. Memoria e Fado(Egberto Gismonti)
5. Uran's Song(萬 恭隆)

ts09-01 ts09_02

ts09_03 ts09_04

ts09_05 ts09_06


2nd set:
1. Keep in Mind(橋爪亮督)
2. Duke Ellington's Sound of Love(Charles Mingus)
3. Home(橋爪亮督)
4. Park(橋爪亮督)

encore:
月下に舞う(橋爪亮督)

ts09_07 ts09_08

ts09_09 ts09_10

ts09_11 ts09_12
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tactilesounds.blog.fc2.com/tb.php/33-277ef8b9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tactile sounds

Author:tactile sounds
橋爪亮督
(はしづめ・りょうすけ)
サックス奏者/作曲家。1970年生まれ。バークリー音楽大学ジャズ作曲科卒業後、1997年帰国。以後、新宿ピットインを中心に自己のグループや各種セッションで幅広く活動中。
サイト:
ryohashizume.com

益子博之
(ますこ・ひろゆき)
音楽批評。1965年生まれ。音楽サイト『com-post.jp』同人。ニューヨークのダウンタウン~ブルックリンの現代ジャズを中心に、周辺ジャンルへと関心を広げる。JAZZ TOKYOコントリビューターの多田雅範と新譜ジャズCD試聴会「四谷音盤茶会」を主催。
ブログ:うたかたの日々
サイト:com-post

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。