FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tactilesounds.blog.fc2.com/tb.php/10-3cf22014

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

tactile sounds vol.02:5月14日(土)出演者のご紹介

■池田雅明(いけだ・まさあき)

masaaki ikeda

埼玉県出身。4歳より音楽教室に通い、高校時代にトロンボーンを始める。
日大芸術学部卒業後に単身渡米。バークリー音楽院にてコマーシャルアレンジ科を専攻し、幅広く編曲法を学ぶと共に、トロンボーンはPhil Wilson、Hal Crookに師事。その後、NYマンハッタン音楽院にてSteve Turreに師事。8年に及ぶ滞米中にGeorge Russellのビッグバンドや、Frankie Ruiz、Joe Bataan等、数々のNYサルサバンドにて米国内外をツアー。更にNY時代はClub SmallsのSunday Night OrchestraにSeamus Blake(Ts)、Chris Cheek(Ts)、Mark Turner(Ts)等とレギュラー出演。

98年帰国後はアレンジャーとして、TV、CM、映画等の音楽を手掛ける一方、ジャズトロンボニストとして、猪俣猛(Ds)&前田憲男(P)ビッグバンド、角田健一(Tb)ビッグバンド、三木俊雄(Ts)フロントページオーケストラ、谷口英治(Cl)セクステット、八城邦義(Ds)クインテット、川口雷二(Ds)カルテット等に参加し、現在は4管編成のベリーメリーオーケストラの活動にも力を入れている。他にも様々なセッションでライブハウスに出演中。

jubilation
八城邦義プロジェクト~フィーチャリング2トロンボーンズ:Jubilation

take a chance
木原健太郎 with ベリーメリーオーケストラ:Take a Chance !

また、サポートとしては、ゴダイゴ、平井堅、松田聖子、Jazztronik、T-SQUARE、五木ひろし、中島美嘉、Orange Pekoe等のライブ、レコーディングにも参加。
更に、諸外国からのトロンボニスト(Wycliffe Gordon、Bart van Lier、Bill Watrous、Jiggs Whigham等)との共演、通訳、サポートも務める。
現在「Sax&Brass Magazine」(リットーミュージック)にてトロンボーン講座を連載中。

公式サイト:
http://www.masaikeda.com/



■池長一美(いけなが・かずみ)

kazumi ikenaga

京都生まれ。12歳のとき独学でピアノ、ドラムスをはじめる。20歳のとき佐竹伸泰、河瀬勝彦両氏に師事。
 
1986年 上京、鈴木勲、金井英人他のグループで活動。
1988年 バークリー音楽大学の全額免除奨学生として渡米。ジョー・ハント(元スタン・ゲッツ、ビル・エバンスのドラマー)に師事、その代役でボストンのジャズ・クラブを中心に演奏活動する。
1990年 合衆国政府より滞在芸術家としてアイオワ州ルーサー大学のジャズ科講師に迎えられ、ユニファイ・ジャズ・アンサンブルの一員として米国各地で演奏活動を行う。その他、さまざまなグループで北欧、ヨーロッパ、アジア、全米各地のジャズ・フェスティバルに多数出演。
1995年 帰国後も毎年渡米し、ボストンのピアニスト バート・シーガーとのトリオ(通算4枚のCDをリリース)で活動を続け、1998年からは年一回の日本ツアーを現在も続けている。
1999年~2000年 イタリアのベース・レジェンド アレス・タボラッツイをはじめ、マルチェロ・アルーリ、デヴィット・ボアトらと、現地のジャズ・フェスティバルに多数参加。
2009年、2010年とデンマークのピアニスト マグナス・ヨルトとベーシスト ペーター・エルドのトリオで日本ツアーを行う。2枚のCD(2009年国内ライブ盤、2010年デンマーク・スタジオ録音盤)をリリース。

KJB
KJB:Near and Far

plastic moon
Magnus Hjorth:Plastic Moon

現在はバート・シーガ-とのKJBトリオ、宮野裕司カルテット、石井彰トリオ、高田ひろ子カルテット、西山瞳トリオなど様々なセッションで活動中。
コンテンポラリーなスタイルでは、難波弘之、水野正敏と結成したAPJ、青柳誠トライフレーム等の活動でも知られている。空間を活かし、暖かく美しい音色で語りかける独自のドラミングスタイルに国内外を問わず根強い支持者を持つ。洗足学園音楽大学の非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

公式サイト:
http://www.graphic-art.com/ikenaga/
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tactilesounds.blog.fc2.com/tb.php/10-3cf22014

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tactile sounds

Author:tactile sounds
橋爪亮督
(はしづめ・りょうすけ)
サックス奏者/作曲家。1970年生まれ。バークリー音楽大学ジャズ作曲科卒業後、1997年帰国。以後、新宿ピットインを中心に自己のグループや各種セッションで幅広く活動中。
サイト:
ryohashizume.com

益子博之
(ますこ・ひろゆき)
音楽批評。1965年生まれ。音楽サイト『com-post.jp』同人。ニューヨークのダウンタウン~ブルックリンの現代ジャズを中心に、周辺ジャンルへと関心を広げる。JAZZ TOKYOコントリビューターの多田雅範と新譜ジャズCD試聴会「四谷音盤茶会」を主催。
ブログ:うたかたの日々
サイト:com-post

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。