Entries

tactile sounds vol. 18:フォトレポート

「tactile sounds vol. 18」にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。所謂ジャズ畑とはほとんど接点のない山本達久と石橋英子との共演は、橋爪亮督に18回目にして初めてエフェクターを持ち込む気持ちを起こさせたのでした。ファースト・セットこそ探り合いの気配が強かったものの、特に石橋の非ジャズ的な即興演奏が、ジャズ的なソロ回しとは全く異なる、揺らぎのあるアンサンブルであると同時に、たゆたうような振幅の大...

Appendix

プロフィール

tactile sounds

Author:tactile sounds
橋爪亮督
(はしづめ・りょうすけ)
サックス奏者/作曲家。1970年生まれ。バークリー音楽大学ジャズ作曲科卒業後、1997年帰国。以後、新宿ピットインを中心に自己のグループや各種セッションで幅広く活動中。
サイト:
ryohashizume.com

益子博之
(ますこ・ひろゆき)
音楽批評。1965年生まれ。音楽サイト『com-post.jp』同人。ニューヨークのダウンタウン~ブルックリンの現代ジャズを中心に、周辺ジャンルへと関心を広げる。JAZZ TOKYOコントリビューターの多田雅範と新譜ジャズCD試聴会「四谷音盤茶会」を主催。
ブログ:うたかたの日々
サイト:com-post

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR